PBW(過去ログの一部になりきり要素注意)やその時ハマっているものの日記やら落描きやら。

Prev  «  [ 2020/01 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

縁代まと@泰

Author:縁代まと@泰
ひっそりと生きている文章書き兼絵描きなオタク。
褐色肌スキーです。

PBWをメインにMMOやブラウザゲーム等を渡り歩いてます。
所持キャラ数は大体平均より多いので、それに苦手意識のある方はご注意ください。

▼memo▼
PBW:発言率は不均等
マビノギ:元トリアナ、マリー
ガンオン:全鯖&軍に所属。メインは1鯖ジオン
艦これ:まったりと提督業
トリネシア:名前は頭文字タ&ダ縛り
マイクラ:バニラだったりスキン変更していたり
pixiv:先行投稿はあっちだったりこっちだったり

コメント歓迎ですヾ(・ω・)ノ

カテゴリー
最近の記事+コメント
FC2カウンター
フリーエリア

FC2ブログ

マビノギ検索エンジン マビさーち


にほんブログ村 ゲームブログ マビノギへ
にほんブログ村



マビノギ・攻略ブログ




クラウン

by ブログパーツ時計の森
月別アーカイブ

日景SS「ある朝の手紙」

えー、予備知識としてわいには双子の兄・日滝(と書いて「ひなた」と読む)が居ると知ってれば大丈夫なはずー…?(笑)
過去話ではなくこっちを先にUPやv
……バニーバニー言われてるんでココでネタとして使ってみt(黙れぃ)


※実兄視点※

 朝起きて、まず最初に向かうのは洗面台。
 そこには大きめの鏡が掛けてあり、映った寝ぼけ顔は弟そっくりだった。


(そりゃそうや、双子なんやし)


 あほらし、と漏らした日滝(ひなた)はさっさと顔を洗い、着替えを済ませて食卓へと向かった。


 すると弟から手紙が届いている旨が耳に届いた。
「どうぞ」
 お手伝いさんの差し出した封筒を見やる。横長の白い封筒だ。藤の花の形をしたシールできっちり封をされていた。
 自室でそれを開封した日滝は思わず脱力した。
「……あいつ、何しに行ったんかわかっとんのか……?」
 当主になれない弟は、母親から良き人材を集めるための道具として扱われた。
 そんな弟からの手紙。
 内容は、


『黒兎を飼い初めたんやけれど、どんな名前がええかな?』


「……あいつ変わってなさすぎや」
 ノートを切り取り、日滝は弟へ本当に簡素な返事を書いた。
『連想したもんから適当につけたら良い』


 数日後、それに対しての返事があった。まさか報告まであると思っていなかった日滝は内心驚きつつ、封を切る。今回は菖蒲のシールだった。
「………」
 絶句する日滝。
 まあ、連想しろとは書いた。
 書いたが。


『アドバイスありがとうな!早速連想してんけど、兎=バニーでな……』


 ここで一体なにを思い出したのか、少し間を開けたらしく字の太さが微妙に変わっていた。
 続きはこうだ。


『せやからな、まあ黒兎は立派な男の子やねんけれど』


『バニーの「ばーさん」に決定や♪』


「……あほらし」


 口癖を言うと、日滝は返事を机の上へ無造作に放る。





 放って、ノートの二枚目を綺麗に破り取った。


▼END▼

スポンサーサイト



テーマ : シルバーレイン
ジャンル : オンラインゲーム

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://kanae19871987.blog57.fc2.com/tb.php/169-7713182f


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する