PBW(過去ログの一部になりきり要素注意)やその時ハマっているものの日記やら落描きやら。
2020/06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2020/08

プロフィール

縁代まと@泰

Author:縁代まと@泰
ひっそりと生きている文章書き兼絵描きなオタク。
褐色肌スキーです。

PBWをメインにMMOやブラウザゲーム等を渡り歩いてます。
所持キャラ数は大体平均より多いので、それに苦手意識のある方はご注意ください。

▼memo▼
PBW:発言率は不均等
マビノギ:元トリアナ、マリー
ガンオン:全鯖&軍に所属。メインは1鯖ジオン
艦これ:まったりと提督業
トリネシア:名前は頭文字タ&ダ縛り
マイクラ:バニラだったりスキン変更していたり
pixiv:先行投稿はあっちだったりこっちだったり

コメント歓迎ですヾ(・ω・)ノ


カテゴリー


最近の記事+コメント


FC2カウンター


フリーエリア


FC2ブログ

マビノギ検索エンジン マビさーち


にほんブログ村 ゲームブログ マビノギへ
にほんブログ村



マビノギ・攻略ブログ





クラウン


by ブログパーツ時計の森


月別アーカイブ


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログランキング

FC2 Blog Ranking


ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



【BNE】プレイング「止まる愛、進む愛、そして二つの罪」
サタナチア

常陸岐路STの「止まる愛、進む愛、そして二つの罪」プレイング。
参加者はサタナチア。

先日出発したところなサタナチアの参加している依頼です。
双子である陽菜と月夜。その陽菜が好きだった巧。そんな巧をこっそりと好きだった月夜。
結果的に月夜が身を引いたものの、その後陽菜が死に、
陽菜の遺体を巧が保存している間にアンデッドになってしまった。そのアンデッドを退治する、という依頼です。

陽菜が死んでから月夜と巧が良い感じになってきたものの、
死体を保管しているということに月夜が何か思うところがあるようだったので、
サタナチアはブロックを担当しつつ色々聞いてみる予定です。
 





600文字



月夜のブロック兼庇い役
説得の間、月夜が巧やアンデッドの方へ行かないようブロック
アンデッドから攻撃がきたら月夜を「庇う」

説得…とはいえないかもしれないけれど、
私は月夜と話がしたいわ
「私はサタナチア・ベテルエルというの。あなたが片桐月夜ね?」
「月夜、あなたが今の巧と陽菜…アンデッドに対して、一体どう感じているのか訊ねたいの」
「あなたは巧のことが好きなのよね。けれど陽菜のことも大好きだったと思うの。
その陽菜がこんなことになって、あなたは一体どうしたいと考えてる…?」

好き、という気持ちはフュリエの私にはまだよくわからないわ
とても温かくも、苦しいくらい切なくもなるものだって、
なんとなくはわかるようにはなったけれど…
月夜や巧の「好き」や「恋」を見て、聞いて、それがどんなものなのか知りたいの

会話・説得は皆が一通り終わり、
もう何も話すことがなくなった段階で切り上げ
2人が陽菜をこのままにすると言うのなら引き続きブロック
元に戻す、もしくは敵対してこないならアンデッドへの対応に集中

アンデッド撃破の段階になったら援護射撃で攻撃
なるべく顔以外を狙うわ
仲間か自分の体力が半分くらいになったと感じたらエル・リブート使用
可能ならアンデッドへのとどめは巧に刺してもらうため、
アンデッドの残り体力など様子を注意して見ておくわ

全て終わったら陽菜の服や乱れたり汚れた個所を整える
…あなたの眠りが穏やかでありますよう

フェイト使用



=====================================
このイラスト作品はTeamChocolop運営『バロックナイトイクリプス』用として
発注者が使用している作品です。使用権は発注者と、
著作権は描いてくれた絵師様とTeamChocolopがそれぞれ共有し、
包括的なその他の権利をTeamChocolopが所有します。
=====================================
スポンサーサイト



テーマ:バロックナイトイクリプス - ジャンル:オンラインゲーム

【2013/07/11 Thu】 | BNE・アラタ | コメント(0) | ↑PageTop

<< 【ガンオン】タツミ、初3位 | HOME | 【BNE】プレイング「毒蛇の燐光」 >>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
↑PageTop
| HOME |