PBW(過去ログの一部になりきり要素注意)やその時ハマっているものの日記やら落描きやら。
2020/06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2020/08

プロフィール

縁代まと@泰

Author:縁代まと@泰
ひっそりと生きている文章書き兼絵描きなオタク。
褐色肌スキーです。

PBWをメインにMMOやブラウザゲーム等を渡り歩いてます。
所持キャラ数は大体平均より多いので、それに苦手意識のある方はご注意ください。

▼memo▼
PBW:発言率は不均等
マビノギ:元トリアナ、マリー
ガンオン:全鯖&軍に所属。メインは1鯖ジオン
艦これ:まったりと提督業
トリネシア:名前は頭文字タ&ダ縛り
マイクラ:バニラだったりスキン変更していたり
pixiv:先行投稿はあっちだったりこっちだったり

コメント歓迎ですヾ(・ω・)ノ


カテゴリー


最近の記事+コメント


FC2カウンター


フリーエリア


FC2ブログ

マビノギ検索エンジン マビさーち


にほんブログ村 ゲームブログ マビノギへ
にほんブログ村



マビノギ・攻略ブログ





クラウン


by ブログパーツ時計の森


月別アーカイブ


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログランキング

FC2 Blog Ranking


ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



【BNE】プレイング「<Donnergott>雷霆、咆哮轟く鋼夜<Ritterkreuz Bajonett>」
木蓮

麻子STの「<Donnergott>雷霆、咆哮轟く鋼夜<Ritterkreuz Bajonett>」プレイング。
参加者は木蓮。

出発まで4~5回書き直していたため、
送信し直すたびに装備を付け替えてました。
地味に付け替え忘れそうでこわかったw
今回一緒に参加している龍治さんに因縁のある敵さんが居る戦場ですが、会話まで出来るかは微妙なところ。
という訳で木蓮は行動で示すつもりみたいです。

ものっっすごいアレなフラグがあるんですが、踏み抜く可能性は4%くらい……?
納品まで胃を痛くしつつ待っております。
 





599文字


アルトマイヤーから見たら無駄なんだろうけれど、
俺様にとっちゃ龍治を庇うのには大きな意味があるんだ
理解してほしい訳じゃないが、
きっとこの気持ちをわかっちゃくれないだろうなぁ…

さて、こないだの仕返しといくか!

AF常時起動
足場対策に安全靴
後衛
体力3分の1時は反射持ちを狙わない

■5T経過前
龍治と小夜香(以下「2人」)を狙う敵の射線に被るように立ち、
壁になりながらバウアー>電波塔>余裕ある場合のみ親衛隊、の優先度で攻撃
ハニーコムガトリングを主に使用
出来る限り塔も巻き込む
なかなか当たらないor固い敵は針穴通し

2人が一撃で落ちるor致命傷を負うような攻撃が飛んできた、
もしくは優先的に何度も狙われるようなら「かばう」
基本的に体力の多く削れた方をメインに壁になろう

まお合流後は龍治を庇うのはあちらに任せる。壁は続行
防ぎ切れない猛攻を受けた際、
可能なら2人に砲台の陰へ一旦隠れてもらう

■経過後
撤退時は引き続き二人の壁になりつつAmeiseの黄を狙う
バウアー現存時はそちら優先。多数なら黄も巻き込む形でハニコム
黒が道を阻むなら跳び越える
攻撃しつつ退路に少しずつ移動

ユニットBが後ろから来た場合は攻撃に備える
撤退は2人優先

超直観は2へ向かう攻撃の威力の判断、塔の弱点探し、
敵挙動への警戒等に意識的に使用
仲間と共有出来る情報はすぐ伝える

龍治の命が危険になり守る手立てが一つもない場合、
二人で帰還するのを目的に歪曲運命黙示録
フェイト使用



=====================================
このイラスト作品はTeamChocolop運営『バロックナイトイクリプス』用として
発注者が使用している作品です。使用権は発注者と、
著作権は描いてくれた絵師様とTeamChocolopがそれぞれ共有し、
包括的なその他の権利をTeamChocolopが所有します。
=====================================
スポンサーサイト



テーマ:バロックナイトイクリプス - ジャンル:オンラインゲーム

【2013/07/20 Sat】 | BNE・アラタ | コメント(0) | ↑PageTop

<< 【BNE】しかのふぇんりるさん | HOME | 【ガンオン】ガシャまみれ+ちょっぴり開発 >>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
↑PageTop
| HOME |