PBW(過去ログの一部になりきり要素注意)やその時ハマっているものの日記やら落描きやら。

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

縁代まと@泰

Author:縁代まと@泰
ひっそりと生きている文章書き兼絵描きなオタク。
褐色肌スキーです。

PBWをメインにMMOやブラウザゲーム等を渡り歩いてます。
所持キャラ数は大体平均より多いので、それに苦手意識のある方はご注意ください。

▼memo▼
PBW:発言率は不均等
マビノギ:元トリアナ、マリー
ガンオン:全鯖&軍に所属。メインは1鯖ジオン
艦これ:まったりと提督業
トリネシア:名前は頭文字タ&ダ縛り
マイクラ:バニラだったりスキン変更していたり
pixiv:先行投稿はあっちだったりこっちだったり

コメント歓迎ですヾ(・ω・)ノ

カテゴリー
最近の記事+コメント
FC2カウンター
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

マビノギ検索エンジン マビさーち


にほんブログ村 ゲームブログ マビノギへ
にほんブログ村



マビノギ・攻略ブログ




クラウン

by ブログパーツ時計の森
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ロストレ】最後の言葉まとめ

コケ

寝転がりコケ。

そういえば「キャラクターメール送受信」は4月末まで使用可能なんで、
FLも今月中が送れるタイムリミットになるんでしょうか。
い、急がねば……。

追記はファイナルメッセージの保管をば!
締め切り直前になって慌てて書き始めたので少し短めのものもありますが、全員分投下できてよかったぁ。
誰が誰かわかりにくいかもしれないので、ICも付けておきます。
 




コケ

■コケ
コケ、ロストナンバーになれてよかった。
故郷に居たままだったら、コケに出来ること、何も見つけられないままただ生きているだけだったかもしれない。
それは失敗も何もしなくて、波風立たない平和な日々かもしれないけれど……。
コケは、そんなの嫌。

だからここに来て、色んなものを見て、色んな人に出会って。
サシャという友達、ジョヴァンニという理解者、フェイという特別な存在ができたこと。
それが全部、コケの宝物になった。

きっとこれからも大切な大切なもの。
コケが育てた子供たちや……コケの子供にも、伝えていきたい。
0世界で出会った大事な人たちにはもう自由に会うことはできないけれど、毎年みんなのことを思って花を咲かせる。
いつか、その香りをみんなに届けられますように。
みんながこれからも幸せでありますように。

それが今の、コケの願い。
=====================================
カーサー


■カーサー
最愛の妻、ヘルウェンディへ

お前と出会ってどれくらいが経ったろうな……。
毎日が幸せで、生きてるって実感できるのはウェンディのおかげだぜ。

そういえば話したことあったかな、俺が女好きなのは女性特有の強かさや弱さが凄く愛おしく目に映るからなんだ。特にウェンディには強くそれを感じた。
困難な壁にぶち当たっても前に進むことを諦めず、心が強くて一直線。
けれどその内側にちょっと触れただけでも崩れかねない弱さも持ってる。
照れ顔も魅力的で、本質は可愛い女の子。
俺はな、そこがとっても気に入ってるんだ。
HAHAHA!ウェンディのそんな所を見てると、ファルファレロさんと親子だなぁとスッゲー思うぜ!

ウェンディもファルファレロさんも俺の大切な家族だ。
これからもずっと、な。
俺も二人の家族であれるよう頑張っていこうと思う。
聞き飽きたかもしれないが、愛してるぜ!
=====================================
七夏


■七夏
0世界へ来る前の自分のことをたまに思い出すの。
自分に自信がなくて、技術も何もかも人並み以下だと思っていたわ。
前髪を伸ばしていたのも人と目を合わすのが怖かったから。でもここへ来て、いつしかそんな不安はなくなってた。

思い返せば自分に自信がない、ってとても失礼なことだったのよね。
お店に来てくれているお客さんにも、私のことを想ってくれた人たちにも。
今は胸を張って、私の持っている全ての力で応えることにしているわ。

私には夢があるの。
裁縫技術だけでなく、自分の力を医療にも活かす道。
……インヤンガイで出会った男の子のような子を、一人でも多く救いたいから。
カルートゥスさんが夢を叶えたように、私も頑張るわ。

そして、かけがえのない存在のヒルガブ。
ふふ、さん付けじゃないとまだくすぐったいわね。
私はいつまでも貴方の隣に居るわ。ずっと、何回朝が来たって。
ヒルガブのすべてが大好き。
これからも宜しく、ね?
=====================================
サイネリア

■サイネリア
過去、我にとって『赤』とは遠い存在だった。
青を力の源、力の証とする故郷において赤い色はとても希少だったのだ。

ふふ、故に、昔の我が今の我を見たらさぞかし驚いたろうな。
アクラブ、常に隣にお前という『赤』が居ることに。
人並みな表現だが、燃える炎のような赤とでも言うべきだろうか。
初めはとても激しい色だと思ったが、今はとても心地よい。心を暖める色だ。
我は赤を……お前を得ることができて良かったと思っているぞ。

人間を見ていると退屈しない。
我が知りたいものを彼らは持っている。そして、知れば知るほど新たな知りたい事柄が増えてゆくのだ。
兄さまはこれを好いていたのだと今ならよくわかる。

ああ、今度アクラブに尾を絡めてみようか。
我に様々なことを教えてくれたように、我も我の知ることを教えてゆこう。
愛情を示すこの行為の意味を知った時、お前はどんな顔をするだろうな?
=====================================
憂

■憂
思い出を語ろうとすると、いつもどれから話そうか迷ってしまいます。
ひとつ、話の初めに語るとするなら……ラファエルさまや、シオンさま、ヘルウェンディさまたちと出会えたことが、憂にとって素晴らしいことだった、ということでしょうか。

憂は言葉の大切さを学びました。
それを教えてくださったのは皆さまだと思っています。
そして……憂はひとりではない、そのことを教えてくれたのも、皆さまです。

そうだ、今度それを唯に話して聞かせてあげましょう。
あの子には幸せになってほしいのです。
その、幸せになるために必要なことだと思うので……ふふ、だってそうでしょう、私はこんなにも幸せになれたのですから。

憂はこれからフライジングで生きてゆきます。
どうか皆さまも、お元気でいてくださいね。
=====================================
ジル

■ジル
わーわーわー!タイムセールに間に合わへ……えっ?
なんやなんや、最後のインタビューか?

おにーさんは最初から最後までめっちゃ幸せもんやったと思うとるよ!
0世界で受けるお仕事はどれもわくわくドキドキ……たまにこわーいのもあったけれど、どれもこれも普通に暮らしとったら体験できんかったことばかりやったしね。
それに素直やあらへんけれど可愛らしいビィちゃんとも仲良うなれたしな♪
ふっふっふ、これからも更に仲良うなってくんが目標やで!

……あッ!ヤバい、セールほんまに終わってまうっ!
ほな今回はこの辺でな、今夜はお鍋やで~!
=====================================
シュロ

■シュロ
俺ァ他の人間と比べて、ここへ来てからの思い出はそんなに持ち合わせちゃいないが、0世界で過ごした時間は悪かなかったぜ。
それに美人もここにゃごろごろ居たしな!
まぁ、己のつとめを果たせない体になったことには文句のひとつやふたつ言いたかったが、元ん世界に帰属したら戻ったことだし、あれはあれで受け入れよう。

一番の収穫は娘に会えたこと、か。
親ばかなつもりはなかったが……いや、あんま多くは語らないでおこう。

俺はこれからも俺だ。
故郷でもやることは変わらねぇ。……が、娘の応援くらいはしておくぜ。
こんな奴でも、父親なンでな。
=====================================
魔王

■魔王
……む。
こ、ここには何を書けばよいのだ?
ふむ、皆はこれからの事や思い出話を書いているのか。

では我輩はこれからの目標を書くとしよう。
近い内に新たに生まれた勇者を探し出し、対応策を見つけることを最優先とする。
我輩の故郷の同族で一番の敵となるのは勇者である。
その敵を排除するのが我輩の……魔王の役目。

我輩はかつてそれから逃げてしまった。
だがもう迷わぬ。……少し怖くはあるが、助けてくれる仲間も居る。
彼らのためにも永く魔王として君臨しよう。願わくば、世界が終わるその日まで。
=====================================
アラム

■アラム
たはは~、なんかぼーっとしとったら何年も経ってしまっとったなぁ……。

助けたかった人を救えんで後悔した日もあったけれど、0世界は楽しい思い出ばかりやったよ。
中にはえらい目みたロストナンバーも居るようやから、自分はとっても幸せモンなんやろなぁ。

よっしゃ、これから故郷に帰って孫らと戯れてくるわ!
もしうちの世界に来ることがあったら目一杯おもてなしさせてもらうよ。
ほな皆も元気に過ごすんやで~!
=====================================
和紙介

■和紙介
私は……常々自分はよろしくない人生を歩んできたと思っていましたが、それはとんでもない思い上がりでした。
何百という本をこの目にしてきました。しかしそれで世や人を知った気になっていた。
……こういうことを、愚か、というのでしょうね。

私などより苛烈なものを見てきた人が居た。
恐ろしい決意をしてきた人が居た。
慈愛に満ちた優しさを示してきた人が居た。
膨大な知識を人のために使った人が居た。

その事実だけで、世界は驚きに満ちていることも知ることができた。
私はこれからも学んでゆきたい。
本で得られる知識ではなく、この体で感じて学びたいのです。
……そうできるよう祈ってくれますか?



=====================================
この作品は、オンラインノベルRPG『螺旋特急ロストレイル』
http://tsukumogami.net/rasen/)において作成されたものです。
著作権は担当イラストレーターにあります。
=====================================

スポンサーサイト

テーマ : PBW全般
ジャンル : オンラインゲーム

C

omment


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。