PBW(過去ログの一部になりきり要素注意)やその時ハマっているものの日記やら落描きやら。
2020/07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2020/09

プロフィール

縁代まと@泰

Author:縁代まと@泰
ひっそりと生きている文章書き兼絵描きなオタク。
褐色肌スキーです。

PBWをメインにMMOやブラウザゲーム等を渡り歩いてます。
所持キャラ数は大体平均より多いので、それに苦手意識のある方はご注意ください。

▼memo▼
PBW:発言率は不均等
マビノギ:元トリアナ、マリー
ガンオン:全鯖&軍に所属。メインは1鯖ジオン
艦これ:まったりと提督業
トリネシア:名前は頭文字タ&ダ縛り
マイクラ:バニラだったりスキン変更していたり
pixiv:先行投稿はあっちだったりこっちだったり

コメント歓迎ですヾ(・ω・)ノ


カテゴリー


最近の記事+コメント


FC2カウンター


フリーエリア


FC2ブログ

マビノギ検索エンジン マビさーち


にほんブログ村 ゲームブログ マビノギへ
にほんブログ村



マビノギ・攻略ブログ





クラウン


by ブログパーツ時計の森


月別アーカイブ


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログランキング

FC2 Blog Ranking


ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



【BNE】プレイング「とある家族の行楽風景」
木蓮

墨谷幽STの「とある家族の行楽風景」プレイング。
参加者は木蓮。

なぜか想定していたよりプレイングがシリアスになってしまったという。
ま、まあOPでも(普通と比べて)軽いのはNPCさんの口調くらいだったし、大丈夫なはず!

ちなみに木蓮は父と母を亡くした過去をまだ地味に引き摺っているので、
敵の情報でもついついその辺りを注視してしまうようです。
お仕事はお仕事、ということで割り切ってはいるのできちんと遂行はしますけれど!

で、こんなシリアスなのにこれの前に出発した依頼用のネタ称号で行きかけてえらく焦りました。
あっぶね……名前ひとつで雰囲気ブレイクするところだった……!


=====================================
このイラスト作品はTeamChocolop運営『バロックナイトイクリプス』用として
発注者が使用している作品です。使用権は発注者と、
著作権は描いてくれた絵師様とTeamChocolopがそれぞれ共有し、
包括的なその他の権利をTeamChocolopが所有します。
===================================== 



600文字



随分子沢山だな…
どんな姿形であれ父子の討伐っていうのは胸が痛むが、
どうしようもないくらい旅行先が悪かった、と思う
せめて長く苦しまないよう、全力でいかせてもらうぜ!

今アークを騒がせてる(恐怖神話関連の)連中に関わりがないか一応注意しておく
まあ杞憂だろうけどな

■戦闘
基本的に後衛
龍治の隣に陣取る
「まずは元気な子供達からだな……いくぜ、龍治!」
前衛に空きが出来た場合はそちらに移動する
敵に貫通攻撃があるため、仲間と縦に並ばないよう注意

暗闇対策に暗視ゴーグルを適時つけ外し
念の為俺様も結界を展開しておく
超直観は敵への攻撃タイミングを計る時や周囲への注意に活用
一般人が接近した際に他に対応出来る人が居なかったら「かばう」ぜ

可能なら事前に、
無理なら戦闘開始時にフォーム・アルテミスを使用

キッズの多い内は数減らしを目的にハニーコムガトリングで掃討
三割以下など少なくなってきたら針穴通しでダンディも狙撃していくぜ
「動くなよ、避けた方が余計に痛い目見るぜ!」
「よっしゃ福松、いっけー!」

絶望という名の地下鉄(EX)でノックBされた際、
前衛をしていない場合そこが攻撃可能距離なら移動より攻撃を優先
(飛ばされたのが10m以内なら移動後に攻撃)

母親が居たら復讐、しに来るかな…
でも、もしそうなら逃げずに受けて立とう
俺様も、龍治も、皆も、
そんな覚悟もなしにこの仕事に赴いたリベリスタは一人も居ないだろうしな

何かあったらフェイト使用
スポンサーサイト



テーマ:バロックナイトイクリプス - ジャンル:オンラインゲーム

【2014/06/11 Wed】 | BNE・アラタ | コメント(0) | ↑PageTop

<< 【BNE】プレイング「<抗う者>架けるくれない」 | HOME | 【ウチ姫】子宝ドゾー >>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
↑PageTop
| HOME |