PBW(過去ログの一部になりきり要素注意)やその時ハマっているものの日記やら落描きやら。

Prev  «  [ 2019/12 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

縁代まと@泰

Author:縁代まと@泰
ひっそりと生きている文章書き兼絵描きなオタク。
褐色肌スキーです。

PBWをメインにMMOやブラウザゲーム等を渡り歩いてます。
所持キャラ数は大体平均より多いので、それに苦手意識のある方はご注意ください。

▼memo▼
PBW:発言率は不均等
マビノギ:元トリアナ、マリー
ガンオン:全鯖&軍に所属。メインは1鯖ジオン
艦これ:まったりと提督業
トリネシア:名前は頭文字タ&ダ縛り
マイクラ:バニラだったりスキン変更していたり
pixiv:先行投稿はあっちだったりこっちだったり

コメント歓迎ですヾ(・ω・)ノ

カテゴリー
最近の記事+コメント
FC2カウンター
フリーエリア

FC2ブログ

マビノギ検索エンジン マビさーち


にほんブログ村 ゲームブログ マビノギへ
にほんブログ村



マビノギ・攻略ブログ




クラウン

by ブログパーツ時計の森
月別アーカイブ

【お題SS 2】真っ白の空白(チハヤ)

久しぶりにお題SSをやってみるなぁん♪
選択式で良かったと思う瞬間なぁんね…(前からの間を見つつ)

今回のはまたまた過去話なぁん、そこらじゅうを彷徨い歩いてて…こう…「まさにその日暮らし!」っていう感じの頃なぁんよ(笑)
なので暗めなのご注意~!(ぁぁ)


□配布元□
Delitto
http://maybedel.xxxxxxxx.jp/




真っ白の空間



 人が居ない。
 あんなに居た人が…居ない。
 地面を見る。地は白一色。しかし所々、背の高い枯れた植物が顔を覗かせていた。
 自分の記憶では、そんなものすら見えなかったくらい地面が白かった気がする。

 じゃあ、ここは別の地だ。

 そう納得して、他に何もないので静かに歩を進めることにした。




 白いものの入ってこない穴を見つけたのは、それからしばらくしてから。
 それは草原の中、申し訳なさそうに茂る小さな林の中にあった。
「……?」
 覗き込む。何も居ないが、同じく何もない。
 それでもとにかく足が言うことをきかなかったので、そこに腰を下ろすことにした。


 疲れたな…と思う。
 いつもこういう時は母がぎゅっと抱きしめてくれた。

 その両腕はもう無いから、代わりに自分で抱きしめてみる。
 …ほんの少しだけ暖かくなった気がした。
 あの荷車から下ろされて1日、やっと…そう思えた。

 死んでしまうかもしれないな、と思いながら少し眠る。
 直前に小さく願った。
 目が覚めたら

 家族が周りに戻って来ていますように。

 突然一方的に与えられた家族でも、
 やっぱり、好きだったから。


end

スポンサーサイト



テーマ : 無限のファンタジア
ジャンル : オンラインゲーム

C

omment


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する